OLYMPUS Your Vision, Our Future サイトマップ グループトップ OLYMPUS IMAGING サポート/ダウンロード イベント/キャンペーン オンラインショップ コミュニティ 製品紹介 ホーム
製品で絞り込む
質問内容で絞り込む
キーワード・文章で検索する
Q&A番号:000677-1 更新日:2011/07/12

Q: 「スミア」 とはどのような現象ですか。

A:

この現象は、スミアとよばれるものです。

太陽やその反射光などの非常に明るい部分があったとき、その部分を中心に縦方向に輝線が現れる現象を「スミア」と呼んでいます。
デジタルカメラでは、レンズでとらえた光を CCD などの撮像素子で電気に変換します。
スミアは変換した電気が飽和してあふれ出してしまうためにおきる、デジタルカメラ特有の現象です。(カメラの故障ではありません)

静止画撮影では画像にスミアは記録されませんが、動画撮影や高速連写での撮影時は、スミアが記録されることがあります。

液晶モニタに「スミア」現象があらわれた状態
Tips : 動画撮影や高速連写で、スミアを軽減するには?

  • 明るいところから撮影を開始してください。
  • 実際に撮影する前に、カメラの向きを変えながら撮影したい構図を液晶モニターに表示します。
    このとき、スミアが一番大きく現れるところを確認してください。その場所から撮影を開始すると、スミアの現象を最小限に抑えた撮影が可能になります。
※上記の方法でも、スミアを完全になくすことができない場合もあります。

回答は以上です。アンケートにご協力をお願いいたします。

内容はお役に立ちましたか?
「○役に立った」以外をクリックするとメール問い合わせフォームへのリンクを表示し ます。
役に立った 参考になった 役に立たなかった 見つからなかった
このウェブサイトについて お問い合わせ 会社概要