OLYMPUS Your Vision, Our Future サイトマップ グループトップ OLYMPUS IMAGING サポート/ダウンロード イベント/キャンペーン オンラインショップ コミュニティ 製品紹介 ホーム
製品で絞り込む
質問内容で絞り込む
キーワード・文章で検索する
Q&A番号:001176 更新日:2009/08/20

Q: 【工事キット】 「μTOUGH-8000工一郎」 のカメラ本体は、なぜ静止画画質の初期設定が CALS (1280×960) なのですか。

A:
初期設定では 「簡単CALSモード」 が ON になっているため、電子納品に適した画像サイズ (CALS : 1280 × 960) で起動します。
国土交通省デジタル写真管理情報基準 (案) などで推奨されている、電子納品に適した画像サイズで起動するので、電源 ON のたびに、画質モードの設定操作が不要になり、誤って大きな画像サイズで撮影してしまうことを防止します。
また、メニュー操作で 「簡単CALSモード」 を OFF にすることで、電源を切る直前の画像サイズを記憶し、次回電源 ON 時には記憶した画像サイズで起動します。

なお、画像サイズを CALS に設定していても、圧縮モードで 「ファイン」を選択すると、画像の圧縮率が 1/4 (ノーマルは 1/8) になるため、画像のファイルサイズが電子納品の基準や要領の規定を満たさない場合がありますので、注意してください。



回答は以上です。アンケートにご協力をお願いいたします。

内容はお役に立ちましたか?
「○役に立った」以外をクリックするとメール問い合わせフォームへのリンクを表示し ます。
役に立った 参考になった 役に立たなかった 見つからなかった
このウェブサイトについて お問い合わせ 会社概要